Home >> フューチャーセンター
フューチャーセンター

 フューチャーセンター(Future Center)とは、多様な人たちが集まり複雑化したテーマ(課題)について「未来志向」、「未来の価値の創造」といった視点から議論する「対話の場」のことを指します。岐阜大学ではこのような地域との対話を創発するためのフューチャーセンターや多様な人との交流ができる空間を構築・運営し、地域との「協学」を推進します。

①地域との対話を通して地域が直面している複雑・広範化した課題の解決に向けて取り組みます。
②フューチャーセンターを活用し、社会貢献に取り組みます。

・産業への貢献:研究主体から学生・生涯教育を含めた地域課題解決を目指します。
・地域政策への貢献:地域課題を浮き彫りにし、地域と協学しながら解決するという循環を創出します。
・地域教育と文化への貢献:地域をめぐる「学び」の仕組みを作り、地域住民が自らの地域課題に即して行政と協働して解決し得るよう支援します。

 2018年02月15日   フューチャーセンター通信
フューチャーセンター通信 vol.36
岐阜市 岐阜市教育委員会市民体育課 

キャリアデザインワークショップ
未来の職員に伝えたいこと、働くうえで知りたいこと
トップ大

 12月20日(水)に岐阜市役所で、岐阜大学生と岐阜市職員の34人が参加し、第11回ぎふフューチャーセンターを岐阜市人事課と共同開催しました。
 今回は、学生にとって、岐阜市役所で実際に働く職員との対話を通じて、自らの働き方や生き方について、将来を具体的にイメージできることを目指し、岐阜市職員にとっては、将来の担い手となり得る学生が仕事を選ぶうえで重視することは何かを把握することを主な目的としました。職員からはこれまで携わった仕事の業務内容や働くうえで学生に知っておいてほしいことについて情報提供があり、学生からは今後の職業を決めるうえで大切にしたいことの意見が出され、相互に活発な対話が繰り広げられました。

今回のまとめ

・給料、休みの量、福利厚生などの情報は、求人案内に出ているが、やりがいは実際に働く職員に聞いてみないと分からない。
・仕事を選ぶうえで、どんな仕事をしたいかということが重要であり、具体的にイメージすることが大切。
・働くうえにおいては、自分の意思が伝わるような会話や心配りなどのコミュニケーション能力が重要だと学んだ。

今後の展開
岐阜市役所の職員採用案内(パンフレット)に、学生が知りたいと思っている情報を掲載する等、制作の際の参考にされる。

担当者の感想(岐阜市人事課)

学生は思ったより市役所の仕事に対し、ネガティブなイメージを持っていたが、それは漠然とした就職への不安から来ているものであって、それは一歩踏み込んだ学生目線での情報提供により解消されるものと学んだ。これをもとに就活生目線での情報提供に役立てたい。

下 上

OLYMPUS DIGITAL CAMERA











 

市民の方の笑顔や感謝の言葉がやりがいにつながります

学生が思い描く将来像を知るよい機会になりました。選択肢のなかには、いろいろな仕事があると思いますが、もし公務員を将来の職業として選んだ場合、いっしょに頑張りましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

 

FCへの参加は、ふだん接することがない人と話す機会が得られます

私は新しい環境に慣れるのが苦手な性格ですが、話をした職員の方は、職場で異動が多いことは、いろいろな仕事に挑戦できることだと前向きにとらえていることが分かりました。

 


スポーツを考える

トップ大

 1月18日(木)に岐阜市教育委員会市民体育課との共同開催により、みんなの森 ぎふメディアコスモス(岐阜市)で、岐阜大学生をはじめ、一般市民、岐阜市職員の26人が参加し、「スポーツを考える」をテーマにぎふフューチャーセンターを開催しました。
 参加者は、4つのグループに分かれ、「スポーツで得られるもの―なぜ人は、スポーツを<する・見る・支える>のか?―」、「スポーツとの関わり方については、どんなものがあるだろうか?」をサブテーマにして、意見交換を行いました。
 グループワークでは、スポーツをすることにより「健康」や「仲間」、「達成感」が得られ、見ることでは「感動」や「勇気」が、支えることで「喜び」、「楽しみ」、「社会貢献の意識」が得られるなどの意見が出されました。

今回のまとめ

・ライフスタイルの一部にスポーツを組み込むことがスポーツとの関わりを促進させるには重要
・する、見る、支えるの3つを連携させることで、スポーツに関わる機会が増えるカギとなる
・生涯スポーツの意識を芽生えさせるには、子どもが体育好きになることが大切

今後の展開
岐阜市教育委員会で既に実施されている身近で参加しやすいスポーツ機会を提供する事業に対して、市民がこれまで以上に主体的にスポーツに関わるための取り組みの参考にされる。

担当者の感想(岐阜市教育委員会市民体育課)
希望を実現していく過程についても人任せにしたり、現実から切り離されたりした意見が出ることなく、一人一人が主体的な立場に立って、共通のゴールをイメージした話し合いがなされた。「自分自身がキーマンとなり、学校教育からスポーツに対する考え方を変えていきたい。」など、長期的な展望の中で岐阜市のスポーツ振興について深く考えることができた有意義なフューチャーセンターであったと言える。

下 image

1











スポーツの見方が変わりました

普段は、スポーツをすることはほとんどなく、関わる機会も少なかったです。今回のFCを通して、多様なスポーツとの関わりを知ることができ、今後は、見る側、支える側の立場でもスポーツに取り組んでいきたいです。

 

 

2  
スポーツには、それぞれの楽しみ方があると改めて気づきました

社会人の方の意見が聞けて、見聞が広がりました。スポーツを楽しいと思わない人がいるのを寂しいと思っていましたが、それを解消するためのヒントが今日のFCにあったと思います。

 


FC通信VOL.36のPDFはこちら↓

 
 2018年02月01日   フューチャーセンター通信
フューチャーセンター通信 vol.35

あったらいいな、こんな場所~多治見ながせ商店街~

IMG_9376

 12月9日(土)、多治見市ながせ商店街において第9回ぎふフューチャーセンターを開催しました。今回のフューチャーセンターには、大学生や地域の方に加え、地元の高校に通う高校生13名が参加し、終始明るく賑やかな中、対話が行われました。
 ながせ商店街の印象を出し合った後、ながせ商店街にある空き店舗が今後どのように活用され、どのような役割を果たしていくと良いかを話し合いました。「若い人が一人で入れる書店をつくる」や「商店街と商店街を繋げる役割を果たす必要がある」などの意見が出ました。
 参加者の方々にとっては、地元に住んでいたり、通学していても意外に知らなかった多治見の良さを再発見したり、地域について考えていただくいい機会になりました。

今回のまとめ
・若い人が一人で入れる書店をつくる(24時間営業など図書館とは差別化)。
・いろいろな年代が集まり交流できる場所をつくる。
・商店街と商店街を繋げる役割を果たす必要がある。

今後の展開
提示された意見は、今後、多治見市の施策や多治見まちづくり株式会社の取組みの参考とされることが期待されます。

担当者の感想(地域コーディネーター 松原 裕子)

ながせ商店街で2度目の開催となった今回は、高校生の参加も得て、賑やかなFCになりました。
地域からの若者に対する期待は大きく、今回のフューチャーセンターが、若者が多治見や商店街のことを学び、地域の活動に関わるきっかけになると良いと思います。


1 2

3 4

インタビュー1











地元のいいところ再発見!

とにかく楽しかったです。
地元である多治見を、外の人に向けてPRできることやものが見つかりました。 
これからそれをもっと増やしていくためにも、地域の活動に参加したいという気持ちが大きくなりました。

 

インタビュー2  

まだまだ多治見は良くなる。

多治見について考えることは、とても楽しく、大人の方々と交流することで自分の考えや多治見に対する思いが変わったり、幅が広がりました。
まだまだ多治見は良くなると感じました。

 


「住みよいまちづくり」を考える。

IMG_6615

 12月13日(水)、岐阜市芥見東公民館において第10回ぎふフューチャーセンターを開催しました。芥見東地区は、芥見東まちづくり協議会が主体となって、コミュニティバスの運営、地域の資源を生かした里山整備など、地域の絆づくりを目指してさまざまな活動を行っています。
 参加した学生は、それらを実際に体験したり、地域活動実践者の説明や協議会の方のお話を伺ったりした後、地域住民の方々と、若者ができる地域活動や地域活性化策について対話を行いました。
 提案の中には、「岐阜大学のボランティアサークルと連携し、運営側に参加してもらう」、「ボランティアでなく有償にする」など若者目線の意見が出されました。

今回のまとめ

・ボランティアなどを行う大学のサークルに、空き家活用やイベント参加について呼びかけを行う。
・若者に、地域のイベントに参加するだけでなく、企画・運営を担ってもらう。
・若者への情報発信を積極的に行う。

今後の展開
提示された意見は、今後、芥見東まちづくり協議会の取組みの参考とされることが期待されます。

担当者の感想(地域コーディネーター 松原 裕子)

地域の方々の温かいご協力を得て、終始和やかな雰囲気の中で意見交換を行うことができました。今回の対話やその様子から、人口減少や高齢化など様々な問題を抱える地域にとっては、今の若者の意見を柔軟に取り入れつつ、時代に即したコミュニティの形成を目指していくことが必要だと感じました。

1
2


3 4

インタビュー1











若い人との活動に期待!

地域として若い人との接触ができていないと感じています。
今回をきっかけに、今後も若者との関わりが続いていって、学生さん主体で(我々が応援して)何かできればいいと考えています。

 

 

インタビュー2  

柔軟性がある地域、芥見東。

私の地元では、公民館を拠点にまちづくりを行っていて、その方たちに育ててもらったという意識が強くあります。
また、芥見東の地域の方々は、大学生の意見を喜んで聞いてくださって、受け入れてくれる柔軟性がある地域だと感じました。

 


FC通信VOL.35のPDFはこちら↓

    

お知らせ
2018.04.16

平成29年度岐阜大学地域協学センターシンポジウムを開催しました。(3月23日)

2018.03.26

平成30年度前期インターンシップ科目合同ガイダンスのお知らせ

2018.03.06

平成29年度岐阜大学地域協学センターシンポジウムを開催します。(3月23日)

2018.02.26

3月1日に平成29年度中部地区COC事業採択校「学生交流会」を開催します。

2018.02.07