Home >> 研究
研究

 地域が直面している課題は、複雑・広範化しており単一の領域科学では解決のできない課題が多く生起しています。こうした地域の課題の解決のためには、大学が地域の様々な課題を鋭敏にキャッチし、大学のもつ知・人・ネットワーク等を最大限駆使して、その課題の解決に向けた取り組みを推進することが必要です。

 そのために、地域協学センターでは、学際的に複数の学問の「協働」、分野・部局(学部・センター等)横断的な連携の強化、地域と「協学」しながらこうした地域の課題解決に貢献する積極的な取り組み(課題解決に向けた実践的な方策等の研究及び地域志向教育活動)を「地域志向学」プロジェクトとして位置付け支援し、地×知の拠点形成に取り組みます。

『地域志向学研究』(Vol.3)論文・調査研究報告・実践報告の投稿を募集します
日頃より地域協学センターの活動、取組みに多大なご支援を賜り誠にありがとうございます。
今年度も、地域協学センターの機関誌(紀要)である『地域志向学研究』(Vol.3)を発行したく、論文・調査研究報告・実践報告の投稿を募集いたします。
「地域志向学研究」は、複数の学問分野の学際的な協働や、横断的・融合的な連携、自治体・NPO・地域団体・民間事業者等との協学を進めながら地域の課題解決に貢献し地域の創生を推進する、統合的な基礎・応用研究、教育活動や実践的な取り組みの報告を掲載するものです。
是非、皆様の日頃の研究・教育活動及び地域活動に関する原稿をご投稿いただければ幸いに存じます。
投稿に関する詳細は、添付ファイルの投稿規程をご確認ください。
お申込みについては、添付ファイル投稿規程内の「投稿申込書」を下記担当者までご提出ください。

原著論文の原稿提出期限:11月30日
その他の原稿提出期限:来年1月15日

皆様の応募をお待ちしております。



チラシ1チラシ2


<問合せ>
地域協学センター内
地域志向研究編集委員会(担当:塚本)
E-mail:
a_tsuka@gifu-u.ac.jp
Tel:058-293-3872

お知らせ
2019.12.10
2019.12.02

令和元年度ぎふCOC+事業推進コンソーシアム成果発表会を開催します。(12月14日)

2019.11.05
2019.10.31

名古屋大学・岐阜大学「フューチャー・アース」シンポジウム 東海地域SDGs研究・実践交流会「木曽三川流域圏の未来」を開催します。(12月8日)

2019.10.17

岐阜大学フェア2019を開催します。(11月2日)詳細を掲載しました!